メールアーカイブによる全社レベルのメール保管

電子メールは、企業にとって欠かせない情報伝達手段であり、全社レベルで情報のやり取りを行う事が多いです。
メールを使う事によって、電話が繋がらない場面において連絡を行う事ができ、取引先や顧客からの問い合わせも迅速に行えます。電子メールは、メールマガジンとして宣伝媒体として使われる事もよくあります。
情報伝達手段として電子メールを活用していく場合、大切な情報を取り扱ったり、取引先や顧客とのやり取りを残しておきたい時が生じてきます。そのような時に役立つのが全社レベルでメール保管が出来るメールアーカイブという機能です。
トラブル防止の為には、やり取りが分かるようにメールを全社レベルで保管しておいた方が良いです。また、従業員が誤ってメールを破棄してしまった時にもメールを全てバックアップしておけば、これを復元させるといった事も出来ます。メールサーバとは別にメールアーカイブの機能を搭載したサーバを用意しておけば、普段メールの処理をしているメールサーバを更新する時にバックアップとして機能させる事が可能です。メールサーバは常時稼働していますので、定期的にメンテナンスをして安定して動作させる事も必要になってきます。メールを全て保存しておく事であらゆる場面に対処出来る環境を構築出来るようになります。

メールの全社レベルの保管を行なっておく事が出来るメールアーカイブには、メールサーバだけでは足りない機能を補完してくれる機能が搭載されています。高速な検索機能がその一つであり、メールアーカイブサービスを選ぶ際には、全メールから目的のメールを探し出すいった高速性を重視して選ぶ必要があります。検索速度が高速であれば、目的のメールを短時間で見つけ出す事が出来ますので、結果的に顧客や取引先への迅速な対応が出来るようになります。メールアーカイブは、サーバにシステムを構築する方法の他にも、サービスとして貸し出している事があります。初期コストを抑えたい場合やメンテナンスの手間などを省きたいのであれば、このようなメールアーカイブサービスを活用すれば、メールの全社レベルの保管が行えるようになります。メールは、企業にとって重要な情報源になっており、業務で使われたメールは出来るだけ保存しておいた方が業務活動がしやすくなるでしょう。検索の高速性を重視すれば、目的のメールを探し出すのに時間を短縮させる事が出来ますので、業務における効率を改善させられます。管理者側ではアクセス制限を適切にコントロールしていく事によって、セキュリティ強化に繋げていく事が出来ます。

メールアーカイブを導入するならWISE Audit

PAGETOP
Copyright © メールアーカイブのすすめ All Rights Reserved.