mv

スーツ着用時のベルトの色の合せ方

スーツを着用する際に欠かせないアイテムには様々な小物がありますが、
小物の中でも靴とベルトの色を合わせるのはスーツスタイルの基本となります。
さらに、カバンも革製品を使用する際には合わせていくのがより望ましいとされています。
さらに上級のテクニックとしては、ベルトのバックルとバッグの金具を合わせたり、ベルトと腕時計のレザーを合わせるといった方法もあります。
またその際には小物はもちろんのこと、スーツを含めた全体のバランスを考慮して選ぶのがおすすめです。

フォーマルな場で着用することができるダークスーツはもちろんのこと、ビジネスシーンの基本となる靴とベルトもやはり黒になります。
ビジネスシーンで活用することが多いグレーやネイビーのスーツでも、まずは黒い靴とベルトに揃えて統一させるのがおすすめです。
またその際には革の素材も寄り合わせた方がバランスや見た目の印象がよくなります。
バリエーションを広げていくのであれば茶系を取り入れていくといいでしょう。
茶系を取り入れていく際のポイントは、
黒と違って色の濃さによってたくさん種類あるので、色合いを揃えるようにするといいでしょう。
一般的に色が薄いほどカジュアルな印象になることを留意しておくといいでしょう。
さまざな色合いのものを揃えていくことで、
コーディネートの幅が広がります。
着慣れていないとシャツやネクタイなどしか替えるポイントがないと考えがちですが、こういった小物使いがコーディネートのポイントとなるのです。